トップページ グリーンテクノHPトップ お問い合わせフォーム

サイトマップ

しいたけ増産装置


電気刺激の様子
【写真A】 菌床を浸水桶内で電気刺激を与える場合
浸水桶での電気刺激

写真Aは、浸水桶の水を抜いた後、桶の中の菌床に電気刺激を与えている作業風景です。

桶の中でまとめて電気刺激を与えるので作業効率が良く、装置の移動が不要です。

作業時間は1菌床あたり3秒として、1時間で約1200個の菌床に電気刺激を与えることが出来ます。

また、桶内で電気刺激をすると、通常より強い刺激を与えることが出来ます。

【写真B】 菌床を発生棚に戻して電気刺激を与える場合
菌床棚の上での電気刺激

写真Bは、浸水後に菌床を発生棚に戻してから電気刺激を与えている作業風景です。

1菌床当たり3秒が標準的な刺激時間で、アース状態が良好なら1時間で約1,000個の菌床に電気刺激を与えることが出来ます。

電気刺激のタイミングと効果

電気刺激を行うタイミングは、菌床(菌の種類)によっても変わります。

1.浸水桶の水を抜いた後すぐに浸水桶の中で電気刺激を当てる

2.浸水桶から菌床を棚に戻し、2時間以内,24時間後,48時間後に電気刺激を当てる

上記以外でも、扱っている菌床にどのタイミングで電気刺激を行うのが一番合うか、数多くテストをすることが重要です。


しいたけ増産装置の特徴
  • 先端球電極部分から菌床や原木に火花を放電することが出来ます。
  • コントローラがキャリーカートに搭載されており、簡単に移動出来ます。
  • 制御ケーブルの長さの範囲(標準:5m)は、本体を移動せずに作業が続けられます。
※ オプションで制御ケーブルを最大30mに取替可能です。

グリーンテクノへのお問い合わせ

電気刺激の作業イメージ
電気刺激の作業イメージ
らいぞうテスト機貸出について
グリーンテクノでは、本装置に関心を持たれ、実際に電気刺激を試してみたいとお考えの生産者の方に、デモ機の貸出(有料) をしております。(試用期間:40日間)
是非この機会に電気刺激装置をお試しいただき、増産効果を実感して下さい。

らいぞうのテスト機貸出します 貸出についての詳細は、左のボタンをクリックして下さい。
お見積り依頼も随時受付ています。
※ 装置の貸出料として、 \50,000 (税別) 戴いております。
  また返却時の送料は、お客様ご負担とさせていただきます。予めご了承下さい。


お問い合わせフォーム